人気急上昇中のウォーターサーバー、うるのんについて徹底調査いたしました。電気代や1Lあたりの負担額といったコスパや安全性、赤ちゃん向けのおみずかどうか、デザイン性など多数の項目について詳しく調べました。ぜひご覧ください。

うるのんのサービスと特徴一覧

ウォーターサーバーを導入する際に考えるのが費用の問題。できれば安く、お得に始めたいというのが多くの人の意見でしょう。「おいしい水の贈り物『うるのん』」は登録料0円。送料0円、メンテナンス料0円。しかもご利用プランによってはウォーターサーバーのレンタル料まで0円になることもあります。お水代だけで体にやさしい水をお得に毎日の生活に取り入れるこ...
詳細を見る
ウォーターサーバーを導入して気になるのが電気代のこと。ウォーターサーバーは1度コンセントを入れるとつけっぱなしの状態になりますから、かなり不経済な印象を与えます。それに温水や冷水を同時につくるというので、消費電力もさぞやと思われる方も多いでしょう。けれども調べてみたところ「おいしい水の贈り物『うるのん』」の電気代は月々約1.000円と意外...
詳細を見る
「おいしい水の贈り物『うるのん』」のサーバーは、スタンダードサーバー、エコサーバーの2種類があり、スタンダードサーバーには通常サイズと卓上サイズがあります。通常サイズはスタンダードサーバー、エコサーバー共に、ボトルカバー装着時の高さが、1.333mm。卓上サイズは800mmととてもコンパクトです。奥行きと幅は通常サイズが353mmと326...
詳細を見る
ウォーターサーバーを導入するとき考えてしまうのがメンテナンスのこと。自分でできればいいけれど多くのメーカーのサーバーではセルフメンテナンスが難しいものがあるのも事実です。清潔な水を清潔に飲むためには、もちろんメンテナンスは欠かせませんが、「おいしい水の贈り物『うるのん』」のサーバーメンテナンスは他社に比べて簡単なのが特徴。しかもセルフメン...
詳細を見る
富士山に降った雨や雪は、ゆっくりと山を覆う溶岩層と砂礫層にしみこみ、数十年の年月をかけて地表に湧き出し、自然の湧水となります。その例として知られるのが柿田川、楽寿園、湧玉池、白糸の滝、富士五湖などです。富士山を覆う玄武岩は気孔が多く、砂礫層と合わせて自然のフィルターの役割を果たし、水のおいしさに磨きをかけます。また、玄武岩は天然のバナジウ...
詳細を見る
東日本大震災以来、食の安全を求める人が多くなっています。水もまた例外ではありません。より安全で安心できるものを求める声が日々高まってきています。水は人体の70%近くを占める上に、調理などにも欠かせないものです。だからこそ、毎日、摂取する水の安全性には万全を期したいというのは自然な感情と言えるでしょう。水道水から放射性物質が検出されたニュー...
詳細を見る
人間の体の70%近くは水と言いますが、赤ちゃんはその80%近くが水。ですから水の補給は赤ちゃんの体をつくることとほぼ同じ意味を持ちます。そのため、赤ちゃんのいる家庭、そしてもうすぐ赤ちゃんが生まれる家庭では、家族が口にするものをよくよく吟味するものですね。ウォーターサーバーの導入を考えたきっかけが、奥様の妊娠という家庭も少なくありません。...
詳細を見る
ウォーターサーバーを導入する際、考えておきたいのが、どれくらいの期間サービスを利用するか、ということ。それというのも解約時には解約金が発生することが多いからです。「おいしい水の贈り物『うるのん』」の愛飲者の中には「満足しているので今のサービスをやめるつもりは全くないです」という方もおられますが、解約トラブルを避けるためにも契約内容を詳しく...
詳細を見る
初めて『うるのん』を飲んだ人たちの反応は、様々ですが、一様に「おいしい」という評価が圧倒的に多いようです。特に「まろやかで、甘い」というものや、「すっきりして癖がない」といった声が多く上がっています。また、1歳のお子さんの水分補給に利用しているユーザーの方は子供さんが添加物の入った甘いジュースよりおいしい水を好きになったことをとても喜んで...
詳細を見る
赤ちゃんからお年寄りまで、その水のおいしさ、安全性で、全国12万人もの人の喉を潤している『うるのん』のイメージキャラクターはドラえもん。こちらもまた老若男女に愛されている人気者です。ドラえもんの水と言えば『うるのん』と言われるほどそのイメージは世間に深く浸透しています。ドラえもんがポケットから、いろんな道具を出してくれるように、『うるのん...
詳細を見る