第三者機関による安心の放射能検査

東日本大震災以来、食の安全を求める人が多くなっています。水もまた例外ではありません。より安全で安心できるものを求める声が日々高まってきています。水は人体の70%近くを占める上に、調理などにも欠かせないものです。

 

だからこそ、毎日、摂取する水の安全性には万全を期したいというのは自然な感情と言えるでしょう。水道水から放射性物質が検出されたニュースなどが良く聞かれる昨今、毎日の調理、調乳、水分補給のためにミネラルウォーターを購入している人が多くなっているのもうなずける話です。

 

そんな中で「おいしい水の贈り物『うるのん』」を製造しているTOKIグループでは平成24年5月より、週に一度、外部機関による原水と製造水との放射能検査を行っており、セシウム137、セシウム134が検出されていないか確認を行い、結果をホームページで公開しています。自社内での検査であれば、データに不安を感じる人も出るかもしれませんが、第三者機関の検査であれば、安全基準の高さ、精度はさらに厳しくなっています。

 

そんな中で常に安全基準絵をクリアしている「おいしい水の贈り物『うるのん』」は、本当の意味で、安心できる水と言えるでしょう。安全と安心が不透明になりがちな現代ですが、逆に消費者の安全と安心への要求は日々高まってきています。

 

そんな風潮の中、安心への要求を満たすためならばある程度の出費は構わないと考える人も多いようです。『うるのん』の水は「富士の天然水」が1リットル146円、「やわらか水」が1リットル104円とお手ごろな価格。

 

しかも日々、検査を行っていますから、安心と安全は確認済み。さらに店頭に並ぶまでもなく詰めたての水が届くのですから新鮮さも抜群。毎日の飲料水に「おいしい水の贈り物『うるのん』」を選ぶ人が多いのも当然といえるでしょう。安全性、品質、おいしさ、そして毎日続けられるコストパフォーマンス。そのすべてを兼ね備えた『うるのん』の水はまさにおいしい水の贈り物です。ウォーターサーバーを考えるなら、まず試してみたいのが『うるのん』です。